To Top

発電

事業者に
告ぐ

発電量は、もっと上げられる
コストは、もっと下げられる
学ばない発電事業者は、発電量を失っている事さえ気付いていない。
FIT単価40円と36円との10%の違いには、血眼になるのに、
パネルの違いだけで

13%

、PCSの違いでも

12%

、発電量が異なる事を知らない。

発電所の架台の施工方法や配線設計次第で、

20%

以上も発電量が異なる事も知らない。

悪い発電所であっても、発電量をリフォームできる事を知らない。
EPCやO&Mで発電量が変わる事を知らないし、コストをもっと下げられることも知らない。

afterFITとは

人気パネルメーカー10社比較実験
太陽光業界は、イメージだけで数字がない世界。
afterFITは独自の実験や分析を通して、
あらゆる事象に数字を付けることに取り組んでいます。

 

実験・分析

リパワリング

様々な実験・分析から導き出した数字を元に、発電量のリフォーム(リパワリング)を行っています。

afterFITの考えるリパワリングとは、既設の発電所の改善工事を行うことで、発電量を増加させ、発生する施工コスト以上の価値を生み出すことです。

知識のない業者によって建設されてしまったことで、その土地のポテンシャルを100%発揮できていない発電所はたくさん存在しています。

実発電量が想定発電量を下回る場合、
その数字の差は、本来得られるはずだった売電収入の差。

20年間失い続けるその収入、あきらめますか?
その前に一度、afterFITへご相談ください。
O&M メンテナンス
フル発電できていない原因を突き止める知識・分析力、それを解決できる技術力、工事によってUPする発電量、その工事全体にかかるコスト。
リパワリングに不可欠なこの4つのポイントが「解る」ためには、発電量に関する深い知識と技術力が必要です。
<実験・分析を通して蓄積したノウハウ>
afterFITではあらゆる実験や分析を通して、発電量に関するあらゆる「数字」を導き出しています。
どれくらい発電量が上がるのか、その工事にいくらかかるのか、費用対効果を踏まえたリパワリングをご提案することができます。
<多数の有資格者と分析専門チームの存在>
afterFITには多数の電気分野における有資格者が、社員として所属しています。※一覧はこちら
また、発電量に関する実験・分析を担当する専門のチームが存在し、知識と技術のアップデートを日々行っています。
熟練の技術者×最先端のデータを融合させることで、他にはない高品質なサービスをご提供します。
<発電事業者としての目線>
afterFITは合計およそ80MWの自社案件を保有しており、自らが発電事業者でもあります。
どうすれば発電量を上げられるのか。発電量が下がったのはなぜなのか。どのような解決法があるのか。
発電事業者として発電量にこだわり、試行錯誤の中で獲得した確かな知識と技術を、リパワリングに活かしています。

リパワリング例

パネルの違いで13% 、PCSの違いで12%発電量が変わるなら

パネル選びで
約 2 億 7500 万円/ 20年間

収入 UP!

PCS選びで
約 2 億 5400 万円/ 20年間

収入 UP!

※宮崎県日向市(年間日射量1,470kWh/㎡)にある2MW、FIT単価36円の発電所で20年間売電すると仮定した場合

EPC

afterFITが考えるEPC*とは、
その土地に合わせて発電所を設計し、収支を最大化できるように施工することです。
特高・高圧施工実績多数。ポテンシャルの最大化をお約束します。

*EPC…Engineering(設計)、Procurement(調達)、Construction(建設)の頭文字を取った言葉。3つの工程を一貫して引き受ける事業。

EPC
EPC
EPC
影を制する設計技術

afterFITでは、3D設計やドローン測量を導入し、発電ロス要因の徹底排除にこだわっています。

例えば動画の発電所は、どの季節、どの時間帯でもパネルに影がかからないよう、あえてアレイ間を均等にしていません。

このような最新の技術と、数々の実験・分析で培われた配線設計技術を組み合わせることで、その土地のポテンシャルを最大限発揮できる発電所の設計を実現しています。

こだわりの3D設計

自社社員によるドローン測量

発電量を最大化する
配線設計

O&M(メンテナンス)

高品質なメンテナンスを、適正かつリーズナブルな価格で。
afterFITは「あるべきメンテナンス」を追求し、業界に革命を起こします。
革命宣言 A倍パネル 50 FIX ol
afterFITが考えるO&M(メンテナンス)とは、重故障のアラートが鳴ると駆けつける、というものではありません。

その土地の日射量を元に、あるべき発電量を算出。実発電量との違いから、パネルの不具合やヒューズ切れなど、1~2%の発電ロスさえも発見し、事前に対処することで、発電量の最大化を実現します。

異常を見つける、なんて当たり前。
異常に発展する兆候を見抜き、トラブル前に適切に対処する「レベル5」のメンテナンスをご提供します。
O&M メンテナンス
O&M メンテナンス
afterFITではアラート監視や緊急駆けつけ対応はもちろん、
必要に応じてPR値※の分析を行っています。

短期的には発電量を維持、または増加しているように見えても、
長期で分析してみると、実は著しく低下していたという例が。

「発電量が年々下がっている気がする」

実はその原因、単なる経年劣化ではないかもしれません。
こういった現象に気づくことのできるO&M業者を、パートナーに選ぶことが大切です。

※PR値…実発電量÷( パネル容量 × 日射量 )。想定日射量に対し、実際どれだけ発電できているかの指標。


afterFITでは、発電所ごとに必ずメンテナンス費用のお見積りをさせていただきます。
その発電所の特性に合わせて、無駄なコストのかからない、高品質なメンテナンスをご提供いたします。
工事コスト VS UPする発電量 = 費用対効果

※こちらは参考価格です。費用は発電所ごとに異なります。

<高品質&低価格 4つの理由>

Point1 全国に社員常駐の拠点を展開。移動時間とコストを削減

現在12拠点、2021年までに全国25拠点の展開を予定しています。
それぞれの拠点には、正社員の技術者が常駐。
長距離移動の必要がなく、コストの削減に繋がります。
O&M メンテナンス
Point2 全員が主任技術者を取得 大幅コストダウンを実現

太陽光発電所のメンテナンスでは、AC側は主任技術者に、DC側はO&M業者にと、それぞれ別でお願いしているケースがほとんど。コストが二重にかかります。
afterFITのO&M担当者は、全員が主任技術者の資格を取得。
そのため、ACとDC両方の点検を一度に行うことができ、コストの大幅ダウンを実現しました。
O&M メンテナンス
Point3 全員が正社員 太陽光のプロフェッショナル集団

メンテナンス人員は、すべて正社員で構成されています。
下請けや協力会社は一切利用していません。
日々発生する様々なトラブルの解決法など、ノウハウはすべてafterFITに蓄積。プロフェッショナル集団として成長し続け、高品質なサービスをご提供できます。
O&M メンテナンス
Point4 ドローン点検も自社社員で実施

afterFITにはDJIスペシャリストをはじめ、ドローンの有資格者が所属。社内のドローン操縦士育成に力を入れています。
パネルの不具合を効率よく発見できるドローンサーモ点検も、afterFITにお任せください。
O&M メンテナンス

 

O&M メンテナンス
O&M メンテナンス
O&M メンテナンス
O&M メンテナンス
O&M メンテナンス
O&M メンテナンス
O&M メンテナンス
O&M メンテナンス
発電所査定

発電所査定

「手抜き工事されていないか心配」
「今のメンテナンスコスト、内容が適切なのか不安」
「発電量が上がるのか調べてみたい」

あなたの発電所・発電量は大丈夫?
太陽光を知り尽くしたプロ集団afterFITで
「数字」を診断してみませんか?

 

株式会社 アフターフィット

発電所査定
EPC
リパワリング
O&M
ドローンサーモ点検 
全国対応

アフターフィット マップ

本社所在地

東京都港区芝大門2-4-6 豊国ビル1・2階

拠点所在地

岡山支店、釧路支店、千歳支店、福岡支店、香川支店、三重支店、熊本支店、茨城支店、函館支店、北見支店、八戸支店
※2021年までに全国25拠点展開予定

海外支社

afterFIT Viet Nam Co., Ltd (ハノイ)
PT afterFIT Indonesia(ジャカルタ)
社員数
230名

有資格者一覧

太陽光設計士1級 27名 / 2級 171名
電気主任技術者第二種 7名 / 第三種 22名
電気工事施工管理技士1級 14名 / 2級 2名
建築施工管理技師1級 1名 / 2級 1名
土木施工管理技士1級 5名 / 2級 5名
電気工事士第一種 19名 / 第二種 32名
建築士 3名
構造設計士 1名
ドローン操縦者 47名
測量士 3名
行政書士 1名
弁護士 2名
宅地建物取引士 6名